カテゴリ:趣味/習い事( 28 )

1月8日 ラッキーナンバー7

e0053414_140286.jpg今日は試写会の手伝いのため出勤・・。
映画は「ラッキーナンバー7」in勤労会館。

この映画11月ごろひよこ会社にある試写室で鑑賞済み。←仕事中にみれるこの会社の特権です。

あまりメジャーではないこの映画、じつはキャストはジョシュハートネット・ブルースウィリス・モーガンフリーマン・ルーシーリューと超豪華!!
内容もはじめは残虐なシーンがあったり、流れもじれったい部分もあったけど、最後までわからない展開はみものです。
[PR]
by tornado48 | 2007-01-08 13:07 | 趣味/習い事

10月31日 死ぬまでにしたい10のこと


アンは23歳。17歳でできちゃった婚、19歳で次女を出産し、トレーラーでの生活をして父は刑務所に入っている。
そんな彼女が突然余命2ヶ月と宣告される。
アンはやり残した10のことをノートに書きとめる。(More参照)

死を目前にしながらその事実を誰にも明かさず今やるべきことを確実にこなしていくアン。

ストーリーは淡々と進み、その先も予測できそうな単純なものだったが、それがまた心地よい感じがした。1~10の中で私がするならば、10かなぁ?
2は絶対しないと思う。心がせまい私なので・・・。
もし、自分が余命2ヶ月と診断されたなら、何をすべきか・・・。
真剣に考えてみたが、たぶん私は今が割りに幸せなので今の生活をそのままつづけるだろう。

More
[PR]
by tornado48 | 2005-10-31 23:59 | 趣味/習い事

10月27日 ラブ・アクチュアリー


ラブコメはあまり好きではないが、周りの人々のオススメがあったので借りてみた。19人の男女が織りなす恋愛模様を、ユーモアとウィットに飛んだ会話と心温まる&切なくなる英国のラブストーリー・・・。らしい・・・。
特に女性には人気があるというこの映画。
私にとってはどこがいいんだろうと思ってしまった。
特に大統領の恋。ありえない。まっありえないのが映画だからいいんだろうけど。
期待はずれでした。
[PR]
by tornado48 | 2005-10-27 21:01 | 趣味/習い事

10月19日 メゾン・ド・ヒミコ

e0053414_23441658.jpgどうしても観たくてたまらなかった作品。
ゲイである父親を嫌い、その存在さえも否定して生きてきた沙織(柴咲コウ)。
ある日、彼女が働く塗装会社に父の恋人である春彦(オダギリジョー)がたずねてくる。
彼は父の営む老人ホームを手伝わないかと誘う。「メゾン・ド・ヒミコ」とは、ゲイのための老人ホームである。最初は拒絶していた沙織であったが、やがていつしか微妙で不思議な関係が芽生えてくる・・・。
犬童一心監督作品である「ジョゼと虎と魚たち」は、これといったインパクトはないが、いつまでも心に残っている。
今回も期待通りの良い映画だった。
なんといってもオダギリジョーが最高だった。彼以外にこの役はできないだろう。
彼には男の色っぽさを感じさせられる。少し沙織がうらやましくも思う。
(でも映画の中の彼、私の知ってる人にどうしてもダブってしまうのは何故だろう!?)
ちょっとしたシーンでも印象に残る場面がある。
1.沙織がゲイを嫌い怒ってスイカを割るシーン・・・スイカを割ってでてきたのがなんと黄色いスイカ! スイカは赤でしょう。これも犬童監督の芸術!?
2.沙織に向かって「ブス」と言う。・・・いくらダサい格好しても柴咲コウはブスではないので、違和感があった。監督としては、スターを地味にしたてたいので彼女を起用したそうだが・・。やっぱり彼女はきれいなので。
3.ピッピキピー!!・・・これってほんとにあるアニメなの?
メゾン・ド・ヒミコはとても映像がきれいだ。海の上の新しくはないが、洒落た老人ホーム。
私は将来洒落た老人ホームに入るのが夢なので、あんなところあったら私が入りたいと思った。
[PR]
by tornado48 | 2005-10-19 23:44 | 趣味/習い事

9月18日 チャーリーとチョコレート工場

e0053414_08214.jpg「今会いにいきます」以来の映画館での映画鑑賞。
しかし、鑑賞環境は最悪・・・。
無理もない。
日曜日・子供向け映画・さらに吹き替え版をみたから・・・
でもスクリーンに集中集中!

ウィリーはちょっと変わったチョコレート工場の経営者。
貧しいチャーリー少年はたった5人しか招待されないという夢のような工場見学の金のチケットを手に入れる。

チョコレート大好き・ジョニーデップ大好きの私にとって、この映画ははずせなかった。
内容はやっぱり子供が楽しめるような感じであっさりしているが、子供たちに家族の大切さでもうったえているのであろう。
私のお気に入りはなんといっても、ウンパルンパ!彼等(実際には一人で演じているのだが)の歌とダンス!なかなかおもしろい。
あともう一人。なまいきな子供の中のひとりで、マイク・ティービー☆
子供のくせにやけに冷静でそれがどことなくかっこいい。
こんなチョコレート工場があるのなら私も行ってみたい。ティムバートンワールド炸裂の作品でした。
[PR]
by tornado48 | 2005-09-18 23:59 | 趣味/習い事

9月8日 やさしい嘘

e0053414_2028717.jpg
グルジアでの話・・・
エカおばあちゃんは娘のマリーナと孫娘アダと暮らしている。
パリで働く息子のオタールから届く手紙&電話を楽しみにまっている。
ある日オタールの友人から彼の死を知らされる。
かわいい息子の死をエカに知らせることができず、アリーナとアダは嘘をつく・・・

まずグルジアという国がどこにあるのか地球儀(私の宝物のひとつ)で調べる。
トルコの少し上にその国はあった。
この映画からソ連崩壊のあおりで経済が停滞してしまっているお国事情がうかがえる。

まっこの作品はよくもなく悪くもないって感じかな。
ただエカおばあちゃんの息子に対する愛情と娘に対する愛情の差があまりにもありすぎて、
なんだか考えさせられてしまう。
自分には娘しかいないけど、もし息子が生まれたらそうやって差別とかしてしまうのかな?
[PR]
by tornado48 | 2005-09-08 20:50 | 趣味/習い事

9月2日 誰も知らない

e0053414_214721.jpg
映画館でみる予定だったが、すいてから・・・って思っていたらいつのまにか終わってしまっていて結局見れなかった作品。 
 母(YOU)と父親の違う4人の子供たちが暮らしている。
ある日母親が、現金と置手紙を残して新しい男のもとへ姿を消す。
長男の働きで、初めは楽しい生活を送っていたがお金も底をつき、苦しい生活になっていく・・・
長男明役はあのカンヌ国際映画祭で史上最年少の14歳で最優秀男優賞を受賞した柳楽優弥だ。

彼のするどい目はこの映画にかなりのインパクトをあたえる。
切ない!とにかくせつなすぎる!!
写真(あまりきれいに写ってないが)私の一番印象に残ったシーン。
この作品は実際に起きた事件をモチーフにしているが
その後彼らはどうなったんだろう。

それにしても全く母親はどういう人間なのだろう。
でも思ったことは、母親がいいかげんであったりすると、
意外に子供ってしっかりするんだよね。
あまりあまやかしすぎるのもよくないのかも!?
(私あまやかされてそだったのでわがまま娘になってしまった)
[PR]
by tornado48 | 2005-09-02 21:04 | 趣味/習い事

8月30日 オペラ座の怪人

e0053414_164218.jpg
DVDをレンタルする。
オペラ座の怪人・・・
アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲の舞台劇を彼自身の製作と脚本で映画化されたもの。

1919年さびれたある劇場で闇オークションが行われる。
出品は例のシャンデリア・・おなじみの音楽とともに登場する・・
怪人ファントムの悲しき恋模様が描かれる。

私は基本的にミュージカル調の映画を好まない。
歌いながらのお芝居はなぜか眠くなる。
今回は眠らなかっただけいい作品なのであろうか?
ただ思ったのはやはりこの作品は映画よりも舞台劇のほうが
よいのではないか!?

それにしてもDVDとはいえ久しぶりの映画!
これからは少しずつレンタルしようと思う
もちろん映画もみに行きたい
[PR]
by tornado48 | 2005-08-30 23:59 | 趣味/習い事