カテゴリ:趣味/習い事( 28 )

5月27日 ビルと動物園

e0053414_1416854.jpg7月19日公開のビルと動物園」。
大手企業に勤める原田香子(カコ)(坂井真紀)。ビル清掃のアルバイトをしている音大生の大村慎(小林且弥)。年齢差のある二人は不器用ながらも少しずつ距離を縮めていく・・・。

最初この「ビルと動物園」という作品名を聞いたとき、「ビル」ってのが人の名前で、その「ビル」が動物と絡んでるような映画なのかなって思った。
でも「ビル」ってのは東京の高層ビルのことで、その「ビル」を窓拭きしながら、オフィスで仕事している人たちを眺めると、まるで「動物園」みたいだってことでこのタイトルがつけられたそうだ。

この作品の宣伝業務をしているんだけど、なんとこの映画超単館映画で、東京で1館・名古屋で1館(ピカデリーにて上映)。そして公開日未定の福岡が1館の計3館でしか上映されない。

それもある意味貴重だね。
30前後のOLさんに観てもらいたい作品です。

7月13日東山動物園で、試写会を行います。なぜならこの映画東山動物園で、ロケしてるから。 詳細は名古屋ロケーションナビまで!
[PR]
by tornado48 | 2008-05-27 13:53 | 趣味/習い事

1月22日 「テラビシアにかける橋」

e0053414_19455246.jpgいじめられっこジェシーの通う学校に風変わりな転校生レスリーがやってくる。
2人はすぐ親友になり、森の中に空想的な秘密の国「テラビシア」を創りあげる。
そんなある日2人にとって悲劇がおとずれる・・・。


ストーリー性が強いと聞いていたけど、ファンタジー色が結構あったなっていう感じ。
レスリーがとってもオシャレで色っぽいので、子供っぽい空想論があまり似合ってなかったかな。
友情と家族愛・・。幻想と現実。そして思いがけない出来事にとってもせつなくなった。
子供心を忘れてはいけない大人にオススメです。

1月26日公開。
[PR]
by tornado48 | 2008-01-22 20:13 | 趣味/習い事

8月20日「ワルボロ」

e0053414_1195414.jpg【ワルくてボロい】
1980年代、中学生のヤンキーたちが繰り広げる喧嘩三昧の日々。
コーちゃん(松田翔太)は勉強一筋に学生生活をおくるまじめな学生。
しかし、授業中に絡んできた幼馴染のヤンキー「ヤッコ」(福士誠治)の頭突きにブチキレ!
その時味わった快感が忘れられずヤンキーに転身。
あこがれの女の子山田(新垣結衣)の目をよそに、喧嘩・喧嘩・喧嘩。

「ビーバップ」を思い起こさせるこの映画。ちょっと懐かしく、なんだか恥ずかしくもある。
聖子ちゃんカットと呼ばれ当時流行していた髪形も登場。
自動販売機の中のジュースも当時のものを使用。

私にとってはあまりなんとも思わない映画だけど、
一回り下の後輩が新鮮だって!
[PR]
by tornado48 | 2007-08-20 11:06 | 趣味/習い事

6月20日 包帯クラブ

e0053414_13501845.jpg包帯クラブとは・・・・
インターネットを通して
1.傷ついた出来事を投稿する。
2.傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く
3.手当てした風景をデジカメで撮影、投稿者のアドレスに送る
という活動のことをいう。
きっかけはワラ(石原さとみ)が病院の屋上で、不思議な少年ディノ(柳楽優弥)に出会い、何気に包帯をフェンスに「手当てや」と言って巻いたこと。

誰もが皆大なり小なり心に傷をもっている。
仲間を通してその傷にそっと包帯をまいてもらう心温まる映画です。

柳楽優弥は「誰も知らない」「星になった少年」のちょっと暗い少年のイメージから一転して、野生的で、バカ元気な人間を演じる。
「へ~彼ってこんな役もできるのね」
って思う人も多いはず。
2人の演技力にも注目です。
[PR]
by tornado48 | 2007-06-20 13:20 | 趣味/習い事

4月30日 夕凪の街 桜の国

e0053414_16481648.jpgアートポート作品。監督は「半落ち」の佐々部 清。
「夕凪の街」と「桜の国」の2つの時代にいきる二人の女性(田中麗奈・麻生久美子)からつくられる物語。
広島の原爆投下から10年後と現代に生きる2人の女性が主人公。
時代の違う2人の女性の人生。共通するのは「原爆の街広島でのできごと」
現在にもなお原爆の影を残す広島。生きることの喜びや平和への願いがこめられている。

映画を見終わった後、「よかった?」と聞かれた。
この映画いいと悪いで判断できない考えさせられる作品です。
泣けます。
[PR]
by tornado48 | 2007-04-30 16:47 | 趣味/習い事

4月13日 憑神

e0053414_1622558.jpg6月23日公開。
浅田次郎原作で主演が妻夫木 聡。
彦四郎(妻夫木)は幼い頃から文武に優れ、秀才の誉れ高い男だった。しかし、八方塞がった末、お稲荷さんを拝んだら、憑いてきた神が貧乏神・疫病神・死神だった。
この最悪の事態をどう乗り切るかがこの作品のみどころ。

コミカルに仕上げたこの作品。コメディだけどコメディきってない。
幕末時代から新時代へめまぐるしく変化する世の中に彦四郎も当惑している。
この時代の武士の生きる道はむずかしい・・・。


6月1日妻夫木キャンペーン決定。
[PR]
by tornado48 | 2007-04-13 16:22 | 趣味/習い事

3月8日 俺は君のためにこそ死ににいく

e0053414_22494039.jpg試写室で「俺は君・・・・」をみた。
太平洋戦争末期、劣勢に強いられていた日本軍は最後の手段(というかやけを起こしたとしか思えない)で、特攻隊を結成し、飛行機ごと敵地へ追撃することとなった。

特攻隊の映画はこれまでにもいくつかみてきたし、その行為に関してやるせない気持ちも何度か味わった。
この映画では特攻隊員として、生き残ってしまった者の罪の意識に苛まれ、もがき苦しみ、生の意味を問い続ける描写がやるせなさを痛感させる。

内容は淡白で、私にとってはちょっとつまらないかなって思ったけれども、改めて戦争で若い人々が死ななければならなかった無意味さ、残忍さを感じた作品でもある。

4月18日キャンペーンが決定した。
徳重聡と、窪塚洋介が名古屋にくるらしい。
どうやら私は窪塚担当でキャンペーンデビューするようだ。
ちょっと不安・・・。
[PR]
by tornado48 | 2007-03-08 22:48 | 趣味/習い事

2月21日 フリーダムランド

e0053414_203943100.jpgフリーダムランドをみた。
ロレンソ(サミュエル・L・ジャクソン)はアームストロング団地の住民から厚い信頼をよせられているベテラン刑事。
単なるカージャック事件の被害者だと思われたブレンダ(ジュリアン・ムーア)の証言にロレンソンは不振を抱く・・。
母と子の関係。自分の存在。人種差別。
いろいろな課題を盛り込んだ作品だ。

でも課題があちこちにちらばりすぎて、結局論点がみえないまま終わってしまったような気がする。あと一歩かなぁ。

「4月14日(土曜日)よりピカデリーにて、独占レイトショーでの公開です。
上映時間は1時間52分です。」

今回はカンペなしで話できました。

しかし今日は広告宣伝担当の2人がキャンペーンのため、私一人で、試写室の管理をした。
結構どきどきだった。
[PR]
by tornado48 | 2007-02-21 20:35 | 趣味/習い事

2月12日 モーツァルトとクジラ

e0053414_044168.jpgモーツァルトとクジラをみた。
アスベルガー症候群という障害を抱えているドナルドとイザベラの恋物語。
2人は出会ってすぐ恋に落ちる。
普通にみられたいと思うドナルド。普通になりきれないイザベラ。2人の間に次第に距離が・・。

坦々と進んでいくストーリーに物足りなさを感じてしまうが、ジョシュ・ハートネットの演技力に驚きを感じた。 
友人に薦められてみた「レインマン」がきっかけで、自らの障害に気づいたというジェリー・ニューポートの実話をもとにして作られた作品。

もしかしたら自分も彼らとの共通点を見出せるのかも?
[PR]
by tornado48 | 2007-02-12 00:36 | 趣味/習い事

1月10日 Dear Friends

e0053414_1429275.jpg試写室でDear Friendsを鑑賞。

主演は北川景子っていう女子高生に人気のモデルさんだとか・・。
「友達は必要ですか?」っていうかゆ~くなるようなキャッチフレーズがついていたり・・。
私はとてもムリ!!っておもってたけど、観てみると意外にいける!
そしてこの北川景子!モデルあがりの大根役者かとおもったけど、なかなかの演技力。

「友達じゃん」
「友達できないよ」
「友達なんて」
「友達だから・・・。」etc
と友達を連発するところはちょっとうざくなるけど、

若い子は友達をテーマに、
OL・主婦層には生きるをテーマにすれば観る価値ありです。
[PR]
by tornado48 | 2007-01-10 13:43 | 趣味/習い事