9月2日 誰も知らない

e0053414_214721.jpg
映画館でみる予定だったが、すいてから・・・って思っていたらいつのまにか終わってしまっていて結局見れなかった作品。 
 母(YOU)と父親の違う4人の子供たちが暮らしている。
ある日母親が、現金と置手紙を残して新しい男のもとへ姿を消す。
長男の働きで、初めは楽しい生活を送っていたがお金も底をつき、苦しい生活になっていく・・・
長男明役はあのカンヌ国際映画祭で史上最年少の14歳で最優秀男優賞を受賞した柳楽優弥だ。

彼のするどい目はこの映画にかなりのインパクトをあたえる。
切ない!とにかくせつなすぎる!!
写真(あまりきれいに写ってないが)私の一番印象に残ったシーン。
この作品は実際に起きた事件をモチーフにしているが
その後彼らはどうなったんだろう。

それにしても全く母親はどういう人間なのだろう。
でも思ったことは、母親がいいかげんであったりすると、
意外に子供ってしっかりするんだよね。
あまりあまやかしすぎるのもよくないのかも!?
(私あまやかされてそだったのでわがまま娘になってしまった)
[PR]
by tornado48 | 2005-09-02 21:04 | 趣味/習い事


<< 9月3日 高校時代 9月1日 離乳食 >>